ESKのごった煮

CSS,BASIC,C,Javaなどいろいろ・・・

兵法者Sふとの強み

Sふとと言えば某氏が使ってレート上位を取りまくってることもありクッソ知名度の高い人形である

物理受け・サイクルどちらを主軸にするにしても基本煙幕展開のほうが使用される

が、ここでは兵法者Sふとの強みについて書く

 

Sふと

65-70-90-105-55-135 合計520 風・水

煙幕展開:場に出たとき相手の集弾を一段階下げる

兵法者:威力60以下のスキルの威力が1.5倍になる

 

Sふとがおぼえる兵法者適用散弾技

陽の気力

四神の加護

小夜嵐

シャボン玉

スマッシュスピン

各種数符

 

なんとわずか5種類である。これでは誰もつかわないのは当り前であろう。

フルアタだとしても適用される技範囲が一致二つ+無or夢属性+数符ぐらいしかないのだ

 

 

ここまで理解したうえで兵法者を使うメリットをあげていこう

1.風属性の散弾技に命中100で威力80以上の技がない

神速エアレイドという技があるがなんとこの技9体にしか配られておらず

ほとんどの散弾風アタッカーは命中の安定しないウィンドウェイブ、マクロバーストしか使えないのだ

し か し ! 兵 法 者 S ふ と な ら

小夜嵐+兵法者により散弾風命中100威力90を使うことができる

マクロバーストを外しまくっている人にはとてもうれしい話である

 

なお、水属性はアイスエイジ(95/100)があるためシャボン玉は採用理由がない

 

2.地相未発現でも四神の加護が威力90で撃てる

Sふとは青龍・玄武の二つの地相発現が可能である

そのため、四神の加護は十分採用される技だと言えるが地相未発現の場合、素の威力が低く、腐ってしまう技である

し か し ! 兵 法 者 S ふ と な ら

水風どちらも半減以下で相手を削れる技がなく、やれることが攻撃以外ない場合でも

等倍威力90で確実にダメージを与えられるのだ

C105不一致90のダメージがゴミなのはここでは無視する

 

3.数符が威力90で撃てる

これはすごい、水大地にささる自然符、水風に刺さる雷符などを威力90で撃てるのだ

全範囲の技を威力90で選んで使えるとは非常に魅力的ではないだろうか

PDとよひめはどちらも不一致90四倍程度なら割と耐えられるのはここでは無視する

 

4.スマッシュスピンが高威力で撃てる

トラップ系統をはがすスマッシュスピン、威力は50と低くダメージを与えるのが目的ではない技だ

し か し ! 兵 法 者 S ふ と な ら

 威力75の一致技(※ゴミ)になるためダメージも与えつつトラップもはがせる便利な技になるのだ!

すごい!

問題点はスマッシュスピンを採用する場合小夜嵐などほかの技を採用する枠が狭くなることだろう

 

5.アビリティがばれない

何を言っているんだコイツ?アビリティ発動しないなら兵法者ってわかるだろタコ

そのように思われるかもしれない

ここで自分が言いたいのは、Pぬえと並べたときにばれないというのが重要である

通常SふととPぬえがいた場合で

対面Sふとの場合→煙幕展開発動→Sふとだ

        →煙幕展開が発動しない→Pぬえだろう

このように想像するはずだ

発動しない場合、Pぬえの弱点を突くためにに大地技を選択するだろう

し か し ! 兵 法 者 S ふ と な ら

アビリティが発動しないため誤解させたまま大地技をすかし、返しの一撃を食らわせることができる

もし四倍弱点持ちの人形ならば兵法者数符でワンパンも不可能ではない

 

 

Pカナと対面したら諦めよう 煙幕展開を嫌って出てこないのを期待しよう